詰まりが生じた時の階下への被害

トイレ詰まりが生じた時の階下への被害について


トイレ詰まりはトイレットペーパーを沢山流してしまった時など、配水管内部に詰りが生じてしまい、水の流れが悪くなるケースが有ります。
トイレットペーパーは水に流せる物といっても、量を多く流せば詰まりが起きる事も有るので使い過ぎなどには十分注意をしなければなりません。
また、大量に流した時に普通に流れていても、その内流れが悪くなることもあります。

配水管内部は汚れなどが付着しているため、汚れと大量に流したトイレットペーパーが絡み合ってしまい、以降の水の流れを悪くすることも有ります。

水を流すと、便器からボコボコと言った音がしてくる場合などでは配水管内部に詰りが生じているケースが多いと言われているのです。

いつもと流れが違うと感じた時などは、ラバーカップを使うことで快適な水の流れを作り出すことが出来ます。
ラバーカップは何?と言う人も多いものですが、ラバーカップはスッポンなどと呼ばれているトイレ詰まりの解消グッズでもあり、棒の先端にはお椀をひっくり返したような形をしているゴム製の器具が付いている道具です。

因みに、ラバーカップの使い方と言うのは難しいものではなく、ゴム部分を便器の水がたまる部分に押し当て、それを引き抜くと言う動作を繰り返すのです。
ラバーカップを押し当てる時などは、力を入れて奥に水圧を与えるイメージで行う事で効果を高める事が出来ますし、引き抜くときも力を入れて引き抜くことでより効果を高められます。

但し、力強く行う事で水が飛び散る事も有るのでと取扱いには注意が必要です。

トイレ詰まりの中でも便器の水が流れないと言う状態は深刻なものとなります。
この場合もラバーカップを使って流れを作り出してあげる必要が有りますが、水が流れないからと言って水を流してみようと言う考えは間違いです。

便器の中の水は、水を流す事で溢れ出来ることになります。
便器の水が溢れてくれば床を水浸しにしてしまいますし、マンションなどの住宅や2階の部屋のトイレなど、階下への水の被害も起きてしまいます。
特にマンションなどの場合、階下は別の世帯の人の生活空間になりますので、損害なども大きくなるため、自分の家のトイレの問題だけではなくなりますし、階下に水が流れることで便器からの水ということもあり不衛生ですし、大きな被害を与えてしまう事になります。

それ故に、便器の水が流れないと言うトイレ詰まりの場合は、専門業者に依頼をしてトイレ詰まりの解消をして貰うことが大切なのです。”

  • トイレ詰まりの解消アイテムのラバーカップがない場合 トイレで用を足した後は誰もが水を使って流しますが、この水の量が多すぎると感じる人の中にはトイレタンクの中にペットボトルに水を入れてからタンクの中に沈めて、水量を少なくし …

    詰まりの解消アイテム、ラバーカップがない場合