詰まりの原因となる携帯電話

トイレ詰まりの原因となる携帯電話について


トイレ詰まりと言うのは、水の流れが悪くなった時に起きる症状と、水の流れが無くなった時に起きる症状の2通りが有ります。
水の流れが悪くなったと言うのは、辛うじてトイレを使えるのですが、水の流れが無くなった場合は、水を流せば便器から水が溢れ出て来ますし、床上に水が流れ出してしまい不衛生な状態になります。
更に、トイレが2階以上に在る場合には階下の部屋に水が流れて行くなど被害が大きくなることからも早目の対策が必要になるのです。

尚、トイレと言うのはトイレットペーパー以外の物を流す事でトイレ詰まりが起きると言います。
最近は、トイレ掃除に利用するペーパーなども流すことが出来ると言いますが、流しても良いものでも大量に流せばトイレ詰まりの原因になりますので注意が必要です。
万が一、大量に流すなどして水の流れが悪くなったり、水が流れなくなった時などは、市販のラバーカップを利用して異物を取り除くなどの方法で解消する事も出来ます。

因みに、ラバーカップを利用する時に効果が有ると言うのがお湯や重曹です。
お湯といっても高温度の熱湯を使うのは厳禁であり、温めのお湯を便器に注ぎ入れてから暫く放置しておいて、ラバーカップを利用するすると、異物が柔らかくなるため取り除きやすくなると言います。

所で、最近はトイレに入る時など胸のポケットやズボンやスカートのポケット、エプロンのポケットなどに携帯電話を入れた状態で入る事も有ります。
注意をしていれば携帯電話を便器に落とす事はないのですが、うっかり便器に携帯電話を落としてしまい、それが取れなくなってトイレ詰まりが生じるケースもあるのです。

便器の水がたまる部分に落ちた場合などでは、ゴム製の手袋などをはめて取り除くことが出来ますが、奥の方に入ってしまった場合などでは素人が取れる部分ではなくなるため、専門業者に依頼をする事になります。
尚、詰まった場所、挟まった場所にもよるのですが、携帯電話などの異物を落としてトイレ詰まりが生じた場合は、便器を解体するなどして取り除くケースも有ると言います。

そのため、修理としての費用も高くなりますので、トイレに入る時は携帯電話を持ち込まないなどの注意も必要になります。
また、便器に落としてしまえば水没と言う事になるため、その電話機は使い物にならなくなってしまいますし、トイレ詰まりの修理代と電話の交換費用など無駄な出費になるので注意が必要なのです。”