売主と仲介の違い

厚木の分譲住宅で売主と仲介の違い

厚木市は神奈川県にあり、ファミリー層にも人気のあるエリアであることから、厚木市で分譲住宅が販売されるケースは多いようです。マイホームを厚木市内に購入したいと思っている人にとっては、できるだけ安く、良い物件を探し出したいと願っていることでしょう。厚木市で分譲住宅を購入する際には、売主と仲介についての違いを、正しく理解しておくことが大切です。

分譲住宅は、さまざまなハウスメーカーが手掛けているものですから、それぞれに販売方法も異なるものです。なかには、土地を調達することから、住宅の建築、そして販売にいたるまで、自社で行っているようなハウスメーカーも存在します。また、その一方、売却物件と購入したい人の橋渡しをする役割を担う、仲介業者というものも存在しています。仲介業者を通して物件を探すのなら、さまざまな情報をあつめることができるので、自分の希望にあった物件を早く見つけることも可能かもしれません。

しかし、仲介業者を通すことによって、仲介手数料というものが発生しますし、家の購入となると、それなりの金額が必要になってしまいます。その点、売主が仲介業者を通さずに、直接、住宅を販売しているような物件を購入する際には、仲介手数料を支払う必要はありませんから、マイホームを購入したいと思っている人にとっては、とてもありがたいことなのです。

しかし、厚木市は、人気のエリアですし、そのような物件は、売りにだされるとすぐに完売してしまうような可能性も考えられます。ですから、仲介業者を通さずに、自分で物件を探すというのは、手間がかかると同時に、なかなか難しいことかもしれません。

最近では、インターネットの普及に伴って、気軽に売却物件の情報を集めることも可能になっているので、そういった手段を使うことで、有力な情報を得ることができるかもしれません。また、気になるハウスメーカーがあったなら、住宅展示場などに足を運んでみるのも良いでしょう。注文住宅を建てる場合に限らず、住宅展示場には、それぞれのハウスメーカーのスタッフがいますから、分譲住宅の情報についても、教えてくれるかもしれません。また、厚木市内でも、特に住みたいというエリアが決まっているのなら、実際にその地をこまめに訪れるようにしておくと、その地域の様子や、詳しい状況を理解できるので、マイホームを購入するためには有効な方法ともいえるでしょう。”