新築の住宅の詰まりの原因

新築の住宅のトイレ詰まりの原因について


トイレ詰まりが生じることでトイレが利用出来ないと言う事態を招くことになります。
トイレットペーパーを多く利用する事で、配水管内部などに詰りが生じてしまい、流れを阻止する事でトイレ詰まりが起きやすくなります。
また、トイレットペーパーを少なくしても詰まりが生じる事も有るのですが、これは排水管などの老朽化や内部に汚れが付着しているため、異物が絡みやすくなるなどで、詰まりを生じさせるのだと言います。

そのため、築年数が経過している住宅の配水管は汚れが付着しているケースが多く、トイレ詰まりが起きやすいのです。
最近は、パイプクリーナーなどを利用する事で排水管内部の汚れを綺麗にしてくれる洗浄効果を持つ製品が有りますが、このようなクリーナーを使う事で排水管内部を洗浄してくれるため、汚れを落としてトイレ詰まりが起こり難くなるのです。
また、専門業者に依頼をする事で排水管内部を高圧洗浄機を使って洗浄する事で、配水管内部は新築の時と同じような状態にすることも出来ると言います。

所で、トイレ詰まりは排水管内部の汚れや大量にトイレットペーパーを流した時、ペーパー式のトイレクリーナーを沢山流した時などに生じるものであり、新築の家などの場合はトイレ詰まりは起き難いと考えるのが一般的です。
しかし、新築の住宅でもトイレに流してはいけない物を流せばトイレ詰まりが生じますし、最悪の場合便器の水が流れなくなると言う状態になる事も有るのです。

トイレットペーパーの芯などはトイレに流すべきものではありませんし、赤ちゃんの紙おむつも同じことが言えます。
また、生理用品を流す事も禁物であり、これらはきちんとした形で処理をしなければならないのです。

仮に、これ等を流せば排水管内部に詰まってしまい、便器の水が溢れ出て来ることになります。
それ故に新築の家のトイレでも詰まりが起きてしまう事もあるのです。

因みに、マンションなどの集合住宅の場合、2階以上の部屋のトイレの下は別の住居の空間になっているわけですが、トイレの便器からあふれ出た水は床を伝わり、階下の住宅の天井から水がポタポタと落ちることになります。
このような事故が起きてしまうと、単に水が流れるだけではなく、便器の水は不衛生ですので重大な事故に繋がることになることからも、トイレ詰まりが生じてしまい、便器の水が流れない状態になった時などは専門業者に依頼をして修理をして貰う事が大切なのです。”