排水管内部に異物が詰まるケース

排水管内部に異物が詰まるトイレ詰まりについて


普段何気に利用するトイレは生活の中では欠かせない設備の1つです。
近代化に伴い、水洗式トイレが主流になっており、メンテナンスを怠るなどとすると便器の水が流れないと言うトイレ詰まりが生じることになります。

昔のトイレと言うのは、肥溜め式トイレなどと呼ばれるもので、排便や尿は足元下にある汚物タンクに貯められ、それを定期的に専門業者に依頼をしてバキュームカーを利用して組み上げて処理を行っていたわけです。
悪臭などの臭いが有る事や不衛生と言う事からも、水洗式トイレが主流になっているわけですが、肥溜め式のトイレの場合にはトイレ詰まりと言うものが有りませんでしたが、臭いをシャットアウト出来たり、衛生的に保つことが出来る水洗トイレは使い方を誤ることでトイレ詰まりが生じる事になるのです。

ペーパー式のトイレクリーナーなどを利用してトイレを綺麗にしたいと考える人は多いものです。
このトイレクリーナーは、説明書を見る限りでは水に溶ける、流しても良いと言う表記が行われている事もありますが、流しても良いとされるものでも度が過ぎてしまえば排水管内部に詰りを生じさせてしまい、これが原因でトイレ詰まりが起きる事も有るのです。
同様に、トイレットペーパーは基本的に用を足した後に利用するものであり、異物などと一緒に流す事で綺麗な状態を保てます。
しかし、ペーパー式のトイレクリーナーなどと同じく、大量に流す事で排水管内部に詰りを生じさせる結果にも繋がるのです。

そのため、流しても良い物でも、量を多く流せば排水管内部での詰まりが起きる可能性があるため注意が必要なのです。

日々の生活の中で何気なく利用するトイレも、詰まりの原因となるペーパー類などが排水管内部に留まる事で、水の流れを悪くすることになります。
ペーパー類などのトイレ詰まりは急に起きるのではなく、詰まる前兆が有るのが特徴です。
用を足した後に水を流した時、最近水の流れが悪いと感じた時や、水を流し終えた後に排水管内部から異音がするようになった時などは、トイレ詰まりが起き始めているのです。

早目に詰まりを解消してあげることで、便器の水が流れなくなると言う事態を防止することが出来るのですが、どのようにして詰まりを解消すれば良いのかと言う事になります。
この場合は、温めのお湯を便器に注ぎ込んで暫く放置しておいてから、ラバーカップを使って異物の詰まりを解消させれば水の流れを取り戻すことが出来るケースが多いのです。”