詰まりの解消アイテム、ラバーカップがない場合

トイレ詰まりの解消アイテムのラバーカップがない場合


トイレで用を足した後は誰もが水を使って流しますが、この水の量が多すぎると感じる人の中にはトイレタンクの中にペットボトルに水を入れてからタンクの中に沈めて、水量を少なくしようとします。

トイレタンクから流れる水の量は、ペットボトルを入れることで少なくなるので節水に効果を持ちますが、タンクの水の流れる量は、便器の中に有る異物を配水管内部から下水へと送り込むために必要な量であり、予め計算されているのです。
しかし、タンクの中にペットボトルを入れてしまうと、水量が少ないため流れを抑制させてしまい、十分な排水とはならずに詰りの原因になる事も有るのです。

また、トイレ詰まりはとレットペーパーを多く使ってしまい、それを流した時などにも生じることになりますし、タンクの節水を考えてペットボトルを入れている事などと重なればトイレ詰まりが起きやすくなります。

尚、トイレ詰まりと言うのはいきなり起きる物ではないのが特徴です。
トイレ詰まりの前兆と言うのは、水の流れが悪くなったと感じた時から起きています。
また、水を流した後に、便器から「ボコボコ」と言った異音が出て来ることでトイレ詰まりが起き始めているのです。

詰まりが起きかけている場合などではラバーカップを使う事効果的なのです。
ラバーカップはスッポンなどとも呼ばれているトイレ詰まりなどの解消グッズであり、ホームセンターなどに行くと購入することが出来ます。

トイレに備えておけば詰りが生じた時などでも安心なのです。
しかし、ラバーカップが無い場合などではどのようにして詰まりを解消すべきなのかと言う事なのです。

トイレ詰まりと言っても、便器の水が流れない場合にはラバーカップが有る方が安心なのですが、水が辛うじて流れる場合などでは、お湯を使ったり重曹を使う事で詰まりを解消する事も可能になるのです。

お湯を使う場合の注意なのですが、便器は陶器製ですので熱には非常に弱い材料となります。
そのため熱湯を注ぎ入れてしまうと便器が割れてしまう事になりますので、温めのお湯をゆっくり入れて解消させることがコツです。
また、お湯を使う事で詰まりの原因となっているものが柔らかくなるため、流れやすくなるのです。

重曹はスーパーなどでも購入が出来ますし、ドラッグストアなどでも手に入れることが出来るものです。
重曹を便器の中に水で溶かしてからいれておいて、暫くしてから水を流す事で流れの解消が出来る事も有るのです。”